まずは法人から攻めよう

経営している食品店の商品が売れない場合、色んな方法で宣伝活動していると思います。個人に向けて宣伝することはもちろん大切ですが、企業に向けて宣伝することも大切です。企業がリピーターになってくれれば、その企業が別の企業に紹介してくれることもありますし、リピーターになっている企業に務めている会社員が個人で買ってくれることもあるのです。企業に向けて宣伝するためにはDMを発送するのがよいでしょう。なお、法人のDMリストを保有している業者へDM発送の代行を依頼すれば手間が省けます。

DM発送代行会社へ依頼する基本的な流れ

はがき

法人リストの条件を設定する

まずはDMを発送したい法人の条件を指定しましょう。電話帳サイトを参考にしながら地域名や業種を決めてください。

業者側で調査

設定した条件を伝えましたら、業者側にて独自のシステムを利用して条件に合致している法人が存在するか確認します。

結果を報告

希望している条件に合致している法人が何件ヒットしたのか、業者側より報告があります。希望する件数であるかどうかチェックしましょう。

注文

提示された調査結果に納得がいきましたら、DM発送を依頼しましょう。この時点で見積もりを発行してくれます。

DMを発送

業者側にてDMリストにある法人に向けてDM発送を実施します。実施完了後DMリストのデータが業者側より納品されます。

効率よく顧客をゲットするためにDM発送を代行してもらおう

ハガキとペン

目的を明確にする

まずはどんな目的でDMを作成するのか考えましょう。何も考えずにDMを作成しようとしても無駄に時間が過ぎていくだけです。どのような効果を狙うのかはっきりと決めてから作成するようにしましょう。

手紙

ターゲットを選定する

闇雲にDMを送っても、開封されずに捨てられてしまうでしょう。送付先の人の年齢や職業、性別など、どの層に対して送付したら効果的に宣伝ができるのかじっくりと検討してください。そうすれば開封率も上がり、商品を買ってくれる可能性が高くなるはずです。

[PR]
看板作成の専門業者!
10000円から対応してくれる

DMの種類

  • ハガキ
  • レター
  • ポストカード
  • 圧着ハガキ

[PR]
横断幕を注文しよう★
全てプロが引き受ける!

広告募集中